全国の便利屋・生活支援サービス業者
HOME 便利屋検索 利用者様 事業者様 開業希望者様 管理人から
 便利屋などをご利用の皆様へ!   
 
私たちが便利屋について学ぶ理由がいくつかあります。
便利屋との取引において、想定以上に事故やトラブルが多いからです。
私たちには、便利屋を必要とするときがあります。そのときの私たちは、困っていて、慌てています。時間をかけて慎重に選別する時間や余裕がありません。
そこに巧妙でしたたかな便利屋と遭遇します。事故やトラブルが起きないことのほうが不思議です。
 便利屋を正当に選ぶ知識を身につける
「便利屋検定」を受けてみる
「便利屋検定」は、便利屋などの業者の経営技術やお客様対応などについて知識や技術の習得度を判定する検定です。
お客様に満足していただくことを前提に、便利屋などの業者が知識や技術についてレベルアップしていただくことを目指しています。
「便利屋検定」は、1級から5級があり、1級と2級は会場で試験を行っています。5級、4級、3級については、オンラインで実施しており、4級と5級は、原則としてどなたでも受験することができます。また、3級は、4級又は5級に合格した後に受験できます。
「便利屋検定」に合格しますと、A4版サイズの「合格証書」が発行されます。
受験し、合格するメリットは、大きく2つあります。
まず、便利屋などの業者との取引において、トラブルや事故を未然に防ぐ知識や技術が身に付くことです。また、法令に関する問題も出ますので取引に関しての業者の違法行為などを見抜くことができるようになります。
2つ目は、「合格証書」です。
実際に便利屋に依頼するようになったとき、見積り時に業者に見える場所に「合格証書」をさりげなく掲げておいてください。業者は、便利屋業務に精通していることを意識した対応をするようになるはずです。
このように、業者の経営的レベルアップのためにだけでなく、便利屋を利用するときのための備えとして「便利屋検定」の受験をお勧めしています。
<170831>
  「便利屋検定」は全国サービス業品質協会の登録商標です。
依頼しないで、料金などを聞いてみる
便利屋等との取引で一番重要なことは、便利屋の最高責任者である経営者がどれだけ依頼者に関わってくれるかです。従業員やスタッフ任せですと、自分の要望や意向がうまく伝わりません。そのため、トラブルになってしまうこともあります。
スタッフなどの従業員が相談や見積り、作業などを担当したの場合、依頼者の要望や事情より、会社の方針や上司などの評価を優先することは必然になります。そのため、依頼者の要望を会社の方針などに組み込んでしまおうとし、どちらが便利屋なのかわからないないような状況も生じてきます。
電話相談するときは、電話に出ている人が誰であるかを知ることが重要な判断の第一歩です。スタッフ任せにしたときの弊害は、細かな依頼者の要望や意向がうまく伝わらなくなってしまいます。
<130930>
 
 
掲載の便利屋などとの取引におけるトラブルや事故について、当サイトは責任を負いません。
このページのTOPに戻る