全国の便利屋・生活支援サービス業者
HOME 便利屋検索 利用者様 事業者様 開業希望者様 管理人から
 便利屋の開業をお考えの方へ
 
便利屋の開業には、資格や免許は必要ありません。
しかし、便利屋が行っているほとんどの作業には法令の規定が関係してきます。安易に開業すると、あなたの将来に傷をつけてしまうこともあります。
 
 
 稼ぎたいのか、職が欲しいのか     
便利屋を開業するとき、稼ぐことを意識することは重要です!
便利屋を開業しようとするとき、稼ぐことを意識することはとても重要です。
稼ぐとか、儲けると言うと、少し露骨に感じますが、稼ぐためには、お客様にほんとうに支持されることが必要になるからです。
仕事や受注に自信がなくて、お客様に満足していただくことができなければ、あなたの仕事を安く売ることになります。安く売れば、仕事の数ばかり多くなって、ミスや不備が多くなります。
結果、お客様に支持されなくなってしまいます。
お客様に支持されない便利屋など、すでに便利屋ではありません。
仕事を的確に完了させ、同時にお客様に満足していただくことを意識して事業運営をする必要があります。
で、お客様が期待している便利屋像は、「便利屋検定」などで学んでください。
「便利屋検定」は、お客様が、便利屋を評価し選別する知識や技術の習得度を判定する試験ですから、受験は事業運営に役立ちます。
<120515>
 
あなたは、器用だから便利屋を始めようとしているのでしょうか?
便利屋を始めようとする人には、
「器用だから・・・!」
「技術や経験があるから・・・!」と言う人が多い。
器用で技術や経験がある人は、便利屋では成功の十分条件ではありません。
なぜでしょう?
便利屋は、単なる作業員でも、技術者でもないからです。
高度な技術や豊富な経験は、便利屋では役に立ちます。
しかし、技術や経験よりもっと大切なことがあることを知る必要があります。
 
お客様のお役に立つ”余裕”をお持ちでしょうか?
多くの便利屋に欠けていることに、”余裕”があります。
いわゆる、経済的な余裕、時間的な余裕、知識の余裕、技術の余裕、経験の余裕、精神的な余裕などです。それらの”余裕”がない人にお客様の困りごとを解決できる余裕があるでしょうか。
経済的な余裕は、高額な財産を言っているのではありません。
例えば、手持ちが30万円でも心の不安を誘引しないことです。悪く言えば、鈍感な人かもしれません。おおらかに生きていける人です。
 
作業が好きですか?
作業が好きなことは、結構ですが、それが十分条件ではありません。
しかし、作業が好きな人には、特徴があります。
まず、身体を動かしていることで、働いていると錯覚してしまうことです。お客様が心地良く感じているかどうかに無頓着になってしまう傾向があります。そのような便利屋をお客様が支持してくれるはずがありません。
 
 
掲載の便利屋などとの取引におけるトラブルや事故について、当サイトは責任を負いません。
このページのTOPに戻る