「便利屋検定」は、便利屋などの経営技術の向上を応援!

HOME ≫ 便利屋検定の種類
 便利屋検定の種類
 
便利屋検定の種類
便利屋検定には、上位から1級、2級、3級、4級、5級の5等級があり、1級、2級は会場受験、3級、4級、5級はオンラインで実施しています。

便利屋検定の1級および2級は、「便利屋経営士」として便利屋や同類の業者の先導役として活躍していただきたいことから比較的高度な内容の試験になっています。そのため、便利屋など訪問サービス業に関する極めて特殊な環境や経営手法に関する知識や技術を修得していることが求められます。
便利屋検定(会場受験) 便利屋検定の1級、2級は、試験会場で受験していただきます。
試験の概要 試験会場で実施する便利屋検定は、消費者に信頼される便利屋などの訪問サービス業の経営者としての経営の技術、効果的な顧客対応、事業運営の手法、関係法令などの習得度を判定します。
受験資格
日本国内に在住し、日本語で受験できる18歳以上の方!
「便利屋検定(会場受験)」1級、2級は、「便利屋検定(オンライン)」の合格者が受験することができます。場合によっては、「便利屋検定(オンライン)」の合格者以外でも受験できることがあります。(便利屋検定の合格者は下位の等級の検定を受験できません)
検定料(受験料) こちらをご覧ください → 便利屋検定の受験料
その他
すでに「便利屋検定」に合格している場合、それより下位の等級の検定を受検することはできません。
「便利屋検定(会場受験)」は、原則として年間に1回実施しています。必要に応じて複数回実施することもあります。
「便利屋検定(会場受験)」1級、2級の合格者は、「便利屋経営士」として登録することができます。
※受験資格・実施に関する詳細は、実施の都度確認してください!
このページのTOPに戻る
便利屋検定の3級、4級、5級は、 お客様に支持される便利屋経営の知識や技術の習得度を判定する検定です。便利屋の独立開業を目指している方、あるいは便利屋などを利用している方などが便利屋の現状を知るために受験していただけたらと思います。過去には行政の関係者の方にも受験していただきました。
便利屋検定(オンライン) 便利屋検定の3級、4級、5級は、オンラインで受験していただきます。
 
試験の概要 オンラインで実施する便利屋検定は、便利屋などの訪問サービス業の社会的位置や環境、経営技術、関係法令などの基礎知識の習得度を判定します。
受験資格
日本国内に在住し、日本語で受験できる18歳以上の方!
「便利屋検定(オンライン)」5級は、原則としてどなたでも受験することができます。3級、4級は、原則として5級の合格者が受験することができます。
「便利屋検定」の実施日、試験時間に、パソコン端末をインターネットに接続し、試験問題を閲覧し、回答用紙を送信できる環境を確保できる方
ご請求いただいた「便利屋検定実施案内」が確実に配達されていること。(資料が返却された場合は、「受験票」をお送りいたしません。住所、建物名、部屋番号などを正確にお書きください)
検定料(受験料) こちらをご覧ください → 便利屋検定の受験料
その他
すでに「便利屋検定」に合格している場合、それより下位の等級の検定を受検することはできません。
「便利屋検定(オンラインは)」は、検定の等級を限定して原則として年間に数回実施しています。必要に応じて複数の等級を同日に実施することもあります。
※受験資格・実施に関する詳細は、実施の都度確認してください!
→ 「便利屋検定(オンライン)」3級、4級、5級の資料請求
このページのTOPに戻る
このページのTOPに戻る