「便利屋検定」は、便利屋などの経営技術の向上を応援!
HOME ≫ 便利屋検定の受験科目
 便利屋検定の受験科目
 
便利屋検定の受験科目
便利屋検定には、上位から1級、2級、3級、4級、5級の5等級があり、1級、2級は会場受験、3級、4級、5級はオンラインで実施しています。受験科目は、各等級で共通です。
政治経済社会などの一般知識
訪問サービス業に関する一般知識と特殊性
訪問サービス業の顧客確保と広告宣伝
訪問サービス業の利用者・環境への配慮
訪問サービス業の経営に関する知識と技術
訪問サービス業の経営に必要な法令等
 
「便利屋検定」における試験問題の内容と傾向
「便利屋検定」は、単に便利屋を運営するための知識や技術などを判定する試験ではありません。お客様(利用者)に利便や満足、心地良さを提供し、さらに近隣や環境に配慮するために、経営者自身が経済的余裕、時間的余裕、精神的余裕を安定、継続して確保するための事業経営の考え方などが試験内容の中心になります。
各所で説明していますが、便利屋は極めて特殊な商売です。さらに、便利屋の業務は、非日常的な仕事です。このことを認識して事業経営を考えると、いままで私たちが学んできた経営学や経済学は、量や規模を追う経営であり、便利屋経営にはほとんどが逆効果になります。
したがって、通常一般の商売などの常識を持ち込んでしまうと、便利屋経営では失敗する傾向が強くなり、便利屋検定においては低い点数を覚悟する必要があります。
<151125>
便利屋検定の参考資料(冊子)
 
名称 摘要 価格
冊子「便利屋検定・テキスト(29年版)」 B5版・両面コピー印刷・約150頁 1,400円
冊子「便利屋経営標準」<上巻> A4版・片面コピー印刷・約80頁 1,500円
冊子「便利屋経営標準」<中巻> A4版・片面コピー印刷・約70頁 1,500円
冊子「便利屋経営標準」<下巻> A4版・片面コピー印刷・約70頁 1,500円
冊子「便利屋経営標準」<上巻><中巻><下巻> 3冊まとめ 4,300円
→ 参考書の詳細は、 全国サービス業品質協会・出版部 でご確認ください!
 
品質協会・出版部
このページのTOPに戻る
このページのTOPに戻る