「便利屋検定」は、便利屋などの経営技術の向上を応援!
HOME ≫ はじめに
 始めにお読みください    
 
便利屋検定を受ける心構え
昨今、便利屋などとの取引において、トラブルや事故が多発しています。このことは、便利屋経営者の事業の成功やお客様(利用者)を大切にしようとする意識が希薄であることが理由のひとつです。意識が希薄なのは、便利屋経営者に余裕がないからです。安価競争に巻き込まれ、そこからの脱却に大量集客や大量受注を意識した運営をしているからです。
   
お客様にやさしく接するためには、便利屋経営者に余裕が必要です。その便利屋経営者の余裕とは、経済的な余裕、時間的な余裕、精神的な余裕です。
それらの余裕を安定、継続して確保できる事業経営をすることが求められているのです。
<151125>
 
→ 便利屋検定の受験科目/「便利屋検定」における試験問題の内容と傾向
このページのTOPに戻る
【ご案内】
検定や試験の試験問題などの著作権は、全国サービス業品質協会が有しており、試験時に複写(プリントアウト)を許可したとしても、著作の権利は放棄していません。試験問題を複写転用等しようとするときは、事前に全国サービス業品質協会にご連絡ください。
検定は、甚大な被害が発生するなどの事情、また主催者の都合により実施しないすることがあります。その節は、ご了承ください。
このページのTOPに戻る