「便利屋検定」は、便利屋などの経営技術の向上を応援!
HOME ≫ 便利屋検定は、どなたが受験
 便利屋検定は、どのような方々が受験したでしょうか!    
 
 
便利屋検定は、いろいろな方々に受験していただいています!
便利屋と言う商売は、多くの特殊部分を持っています。
その筆頭は、必要なのですが、一般にはあまり好まれてはいないことです。

で、便利屋で成功することは容易なことではありません。
スタートは簡単です。便利屋を名乗ってホームページを作り、放り投げておけば適度にお客様からの相談が入ってくるからです。で、このレベルで便利屋経営をしていると、ほとんどが失敗します。

でも、他の商売ではお客様が来てくれるだけで、それなりに事業が継続できます。
とは言っても、便利屋よりも長持ちしますが、そのうち便利屋の後を追うようになります。

便利屋は、作業を売るとことごとく失敗します。サービス業として位置づけると少し寿命が伸びます。さらに、単なる顧客対応だけでないサービス業の品質を高めると、想定以上の効果が出てきます。それは、すでに実証済です。

大きな会社やネットワーク企業は、大量や規模を追います。便利屋などの小さな会社は、大量や規模を追うとほとんどが失敗します。それは、戦う相手が大きすぎるからです。

で、便利屋などの小さな会社は、単なる顧客対応だけでないサービス業の品質を商売に組み込むのです。便利屋でも効果が出るのですから他の商売でも通用します。

そのようなことで、便利屋だけでなく、サービス業者だけでなく、異業種の方も便利屋検定を受験されています。
<150621>
 
便利屋検定は、平成21年から実施しています。
平成21年10月に最初の便利屋検定が実施されました。
このページのTOPに戻る
【ご案内】
検定や試験の試験問題などの著作権は、全国サービス業品質協会が有しており、試験時に複写(プリントアウト)を許可したとしても、著作の権利は放棄していません。試験問題を複写転用等しようとするときは、事前に全国サービス業品質協会にご連絡ください。
検定は、甚大な被害が発生するなどの事情、また主催者の都合により実施しないすることがあります。その節は、ご了承ください。
このページのTOPに戻る