【ご案内】
「便利屋検定」は、訪問サービス業者の「仕事力」や「信頼度」及び経営知識や技術のレベルを判定する検定です!
「便利屋検定」は、平成21(2009)年から、毎年実施しています。
「便利屋検定」は、訪問サービス業者の「仕事力」や「信頼度」及び経営知識や技術のレベルを判定する検定になりました。
「便利屋検定」は、平成25年から、『訪問サービス業者(便利屋・ライフサポート・遺品整理業者・家事代行・修理リフォーム業者など)の経営、作業態度、お客様対応、社会性、関係法令など、お客様に支持される業者としての知識や技術の習得度を判定する検定』に変わり、5級、4級、3級、2級、1級の5段階になります。そのうち、5級、4級、3級は、オンラインで受験できるようになりました。また、2級、1級は、会場で受験いただくようになります。
「便利屋検定(会場受験)」1級および2級に合格した場合は、「便利屋経営士」として登録することができます。「便利屋経営士」は、便利屋などの訪問サービス業者における業界の先導的立場の経営者としての役割を担う位置づけを意識していますので全国サービス業品質協会では、経営技術や顧客対応技術の向上の促進のため、積極的に情報提供などの支援を行ってまいります。
◇ 「受け得検定」ができました!
『訪問サービス業者を正当に評価し選別する知識や技術の習得度を判定する!』については、「受け得検定」という名称で実施しております。「便利屋検定」同様にご支援いただければ幸いです。