個人事業経営協会/Personal Business Management Association
 商売と経営者、労働者/拘束される労働者と社会
通勤電車での痴漢事件や痴漢冤罪事件が多発!対応策でサラリーマンの悲哀!

 
 
通勤電車での痴漢事件や痴漢冤罪事件が多発!対応策でサラリーマンの悲哀!
   
通勤電車での痴漢事件などで、犯人らしき男が線路に降り、さらに線路上を逃走する動画がニュースで流されています。
通勤時間帯における女性専用車も人気があるようですが、まだまだ不足しているようです。
痴漢事件の犯人が線路に降りることで、電車を停め、多くの電車利用者の迷惑をかけています。
しかし、この手の犯人がなかなか捕まらないのは、どうしたものでしょう!
同時に痴漢冤罪事件も多発しています。

サラリーマンが通勤電車内で痴漢の犯人にされないような対策を講じている姿が滑稽です。
笑ってはいけないですが、満員の通勤で社内でホールドアップ状態です。吊革に両手でぶら下がり、何しろ胸から上の位置に手を挙げて周囲に見せていることが重要だとか。

四苦八苦して通勤しその後に仕事ですからサラリーマンは、休まる時間がありません。
退勤して、立ち飲み屋で酒を喰らいたい気持ちがわかるような気がします。

犯人ではないのに痴漢呼ばわりされてしまえば、人生が変わってしまいます。
会社や社会から放り出され、家庭での居場所もなくなってしまいます。

弁護士に相談し、弁護費用などを支払う保険があるようですが・・・
<170611>