個人事業経営協会/Personal Business Management Association
 小さな会社の経営の法則/経営を軽くする 
ミニビジネスの基本は、経営を軽くすること!
空気が薄いときに、重いままだとジェット機は飛び立てなくなってしまいます

 
 
 
空気が薄いときに、重いままだとジェット機は飛び立てなくなってしまいます
   
ジェット旅客機は、通常滑走路を時速約300キロで走行して離陸します。
積載量が多いときは必然的に滑走路上を長く走ります。

長距離便の場合は、燃料が多くなりますから当然重くなり、飛び立つまでに滑走路を走行する距離が長くなります。ジェット旅客機は、推力を揚力に変えて飛び立ちますので、当然飛び立ちにくくなります。

もう一つの飛び立ちの障害は、空気が薄くなることです。気温が45度以上になると目立って空気が薄くなってくるようです。アメリカでは、気温が47度を超えたとき、飛び立てないからと、飛行機が欠航しました。
地球温暖化で、今後飛び立てない飛行機が続発することが予測されています。

さて、経営も重くしてしまうと自由に飛べなくなってしまいます。
「経営を重く!」するということは、「経営を軽く!」することの反意語です。

いわゆる「経営を重く!」して固定経費を多くしてしまうことです。会社の業績が右肩上がりのときは良いのですが、業績が落ち込んできたときはもろに打撃を被ることになります。

大きな会社は、資金力に余裕があるうちに早めにリストラを行います。リストラは短期的には費用が掛かりますが、長期的には経費の縮小になります。

小さな会社は、もともと資金に余裕がありませんから、簡単にリストラができません。リストラと事業の停止が一緒になってしまう危険性もあります。そこで、小さな会社の場合は、当初から「経営を軽く!」する必要があるのです。

極端なことを言えば、小さな会社であれば、通信費と車1台分の経費、それに社長の取り分でやっていけます。大きな都市の場合は、車も必要ないかもしれません。公共交通機関の運賃が経費として出てきます。

もちろん商売の種類や経営の手法にもよりますが、今日の小さな会社では固定経費を最小限にすることが求められます。自宅のパソコンで何かしらをやっても食べていけるかもしれません。

多くの小さな会社は、「経営を軽く!」することに意外と鈍感です。投資して、回収できると安易に考えてしまっているのです。

私自身、「経営を軽く!」することを意識して事業経営をしています。固定経費の大部分を占める従業員はいません。必要なときには、知人に応援していただいています。そのよう経営をしていても経費の縮小は容易なことではありません。

「経営とは、売り上げが無くても運営できるようにしておくこと!」

だから大きな会社は、利益が出ても内部留保しているのだと・・・

働く人は、還元、還元と言うけれど、会社が無くなってしまえば、働く場所もなくなります。
ましてや、小さな会社が行き詰まってしまえば、お客様に迷惑をかけ、家族を路頭に迷わせることになります。  
<120731>
 
 
ミニビジネスの基本は、経営を軽くすること!
   
ミニビジネスというと、こまごまとした隙間的な仕事でお小遣いを稼ぐこととお思いの方が多いと思います。
ミニビジネスは、徹底的に経営を軽くして事業運営を行います。基本的には従業員などはいませんが、従業員以上の働きをするシステムを作っていることです。(後日説明できると思います)

ほとんどの場合、事務所やお店もありません。あるのは、PCと携帯電話。それと移動手段の車。通常の過程が持っているものばかりです。
ですから、特に負担になる経費はありません。

経費が掛かりませんから費用対効果は結構高くなります。そして、利益率が高い仕事が中心になります。

基本は、経営者だけの個人事業ですが、小さな法人でも結構です。ただし、法人にすると、何らかの費用が出て行きます。

個人事業が基本になっていますから、法令に違反しないことや、公序良俗に反しないことであれば、いわゆる、稼げることなら仕事にしてしまいます。
個人事業には、経営を拘束する人やものはありません。法人のように、定款も自分以外の役員もいません。

原則として、設備機器や広告宣伝にお金は使いません。すべてネットでの宣伝が基本になります。身軽な状態で事業運営をしています。そのため、リスクもほとんどありません。投資しないのですから、回収する心配もありません。

他人に仕事を任せないのですから、間違いもほとんどありません。間違えそうな仕事は、お受けしないからです。また、自分でできることしかしないからです。

個人事業の面白さは、いろいろな仕事ができることです。拘束されることが少ないですから、自由に行動できます。そのため、頻繁に旅行に出かけることができます。
PCと携帯電話を持って出れば、自分が移動事務所です。

ですから、目立たないように静かに、効果的に稼ぐのです。商売は、稼ぐことが目的ですから、・・・。
それが、ミニビジネスです。
<120518>