余裕で生きる
 貧困層の生態と習性/瞬間的に盛り上がる
いわゆる貧困層は、瞬間的に盛り上がり、幸福感に浸っている

 
いわゆる貧困層は、瞬間的に盛り上がり、幸福感に浸っている
   
お祭りは、「暴動を起こさないためのストレス発散の機会!」とも言われます。
統治するためにお祭りを挙行し、そこに不満やストレスをぶつけさせる狙いがあります。

2020年に東京オリンピックがあります。
誘致のとき騒ぎました。

些細な不満なんて言っていられません。
今度は、オリンピックです。

そのお祭りに向けて、日本の制度が大きく軌道修正されています。
そう言えば、俺たちって、イベントやお祭りが好きですねえ!

ライブなどでは、会場全体で大盛り上がりです。
それだけ不満やストレスが溜まっているわけだ!

その不満やストレスを、瞬間的に大盛り上がりして発散しているのです。

下流の人、いわゆる貧困層への非難や軽蔑を指摘しているのではありません。
ときには発散することも必要です。

明日のために!

でも、ちょっと待てよ!!
俺たち、誰かに方向付けられていない?

イベントやお祭りが好きなことを知られていて・・・
貧困層は、祭りに没頭しているとき、社会が変わっていても気が付きません。
<170523> 
このページのTOPに戻る