富裕層への近道をさぐる!
金融資産300万円から5,000万円くらいの方々へ!
    安心するのは、まだ早い!これからが正念場です。
 富裕層をさらに磨く/クレジットカード
 
【01】日本は急激にキャッシュレス時代に向けて走り出しています
180105
日本のキャッシュレス化は遅れています。

先日の報道では、現金以外の決済(キャッシュレス)の比率は、
イギリスが74%、カナダが50%、中国が48%だそうです。
日本はと言うと、中国の約半分の26%です。

ところが、平成29年には外国人旅行者が3,000万人に達する寸前まで増加しました。

政府は2020年までに4,000万人を目指しているようですが、達成は間違いないものと思われます。

またITの発展、スマホの普及、外国人の増加などでキャッシュレスに対応したお店が急激に増えることが予想できます。

キャッシュレス対応のお店が増えれば、ますます便利になります。
そして、消費者のキャッシュレス化が高まります。

キャッシュレスは、クレジットカードやプリペイドカード、デビッドカードで行われます。
プリペイドカードやデビッドカードは、スマホでも対応できるようになっています。

が、それらの基本になっているのはクレジットカードです。
そのためなのか、競ってカード会員の募集が行われています。

基本的には、クレジットカードを1枚持っていれば、多くの店で買い物ができます。
しかし、今日では単に買い物ができるだけの機能の利用では社会の進化に乗り遅れてしまいます。

提携カードが増えていますが、お店に直結したカードでは特典が特に多くなっているからです。

日本は、長い間現金主義でした。
少し前までは「現金での支払いでなければ共通ポイントを付けてくれない!」と言うことがありました。

しかし、今では共通ポイントをいただき、さらにクレジットカードをいただける時代になっています。

このような時代ですからクレジットカードは数枚持っていても、特別なことではありません。

便利さや恩恵、条件などを比較して上手に使い分ければさらに便利になるはずです。
そして、より高い恩恵を受けられるはずです。
【02】クレジットカードを作るとポイントなどがいただけます
  <171214・180207>
すでに説明しましたように、オンラインでのクレジットカード(入会)の募集が過当競争気味です。
目的はカード会員(固定客)の確保です。

新規にクレジットカードを作るとポイントなどがいただけます。
多くのカード会社がポイント割増しなどの特典を付けて競争しています。

あるカードでは、入会して利用するとポイントがいただけます。
そのポイントは通常では5,000ポイントですが、ときどき7,000ポイント、8,000ポイントをいただけることがあります。

このことは広範囲に宣伝していますので皆様もご存知と思います。
カードの利点は、カードを利用して「ポイントが貯まりやすい!」ことです。

私もカードを作りましたが、入会、利用で確かに7,000ポイントをいただきました。

私の場合、通常の買い物ではカード支払いがメインになっています。
便利で、しかもポイントが貯まるからです。
【03】昨年秋に作ったクレジットカードの利用限度額が上がったようです
  <170803>
昨年の秋に新たにクレジットカードを作りました。
使用目的別にカードの利用を分けようと考えたからです。

そのカード発行会社から書面で通知をいただきました。
カード利用限度額の変更のお知らせです。利用限度額が決まっているのですから、ごくごく一般的なクレジットカードです。

そのクレジットカードの利用限度額を上げてきたのです。
もちろん、私の要望ではありません。

私は今までどおりで十分ですが、2割ほど上げてきました。
私は、クレジットカードを堅実に利用しています。

このカード以外にも所有していますので、並行して利用しています。
ですから、毎月ではささやかな額の利用ですが、私としてはどのように解釈したらいいのでしょう。

「もっとたくさん使ってください!」と言うのはわかりますが、ある意味不思議です。

昨今、カード発行会社は、顧客の取り込みに一生懸命です。低金利の今日ですから、カードに関しての利益のほうが多いのかもしれません。

キャッシングやリボ払いなどは、消費者金融の利率と大差ありません。

とは言え、カードを申し込んでも審査で発行されない場合もあります。

その点、キャッシングなどは従前からの消費者金融よりもイメージが良いのかもしれません。
リボ払いを積極的に勧めているのも気になります。

利用限度額を上げてくれるのは、気分が悪いものではありません。
実際に利用するのは自分で、計画的にクレジットカードを利用すればいいのですから・・・。
【04】現金よりもクレジットカードの方が安全という考え方
  <170709>
日本の紙幣は、偽造がとても困難なようです。
ところが、他の多くの国の紙幣は日本ほど精巧にできているわけではありません。

そのため、頻繁に偽造紙幣が出回り、政府や中央銀行は頻繁に新しい紙幣を発行し切り替えています。

さらに、欧米、特にヨーロッパの国々は陸続きです。
そのため、国を越えての旅行も必然的に活発になります。

結果、ホテルは金融機関の代理店的な役割を果たすようになります。

ところが、国を越えての決済や支払い、交換ですので、間違いも発生します。
とは言え、お客様から渡された紙幣が本物かどうかの判別をお客様の目の前でするわけにはいきません。

そこでホテル側は、紙幣が本物かどうかの判断が容易でないことから、宿泊客のホテルへの支払いなどでは現金の出どころを重要な判断材料にしたのです。
いわゆる支払者自身の信用です。

紙幣への信用度より支払者の信用度の方を優先するようになったのです。
支払者の信用度の判断は、クレジットカードで行われるようになったのです。

クレジットカードを使用する利点はいくつかあります。
1つ目は、紙幣の偽造の有無を確認する必要が無くなったこと。
2つ目は、大量の現金をホテルに持ち込み、置いておく必要がなくなったこと。
3つめは、宿泊客のおおよその素性が判別できるようになったこと。
4つ目は、決済が金融機関によって行われ、偽造紙幣を掴まされる心配がなくなったこと。
5つ目は、これらの総合的な効果で、特にホテルなどでは安全度が高まっていることです。

最近では、クレジットカードは、認証や決済はオンラインで行われています。
常に有効なクレジットカードかどうかの認証をオンラインで行っていますので、便利度、安全度はさらに高まっています。
【05】便利なクレジットカードですが、同時に所有者の経済的な信用を高めている
  <170709>
クレジットカードはとても便利です。
実際には、単に便利なカードと言うだけではありません。

枚数を多く持てば良いというものではありませんが、持っていないことにも意味があります。

商売は信用で成り立っています。
その基本になっているのが貿易です。

今日では、航空便で生鮮品まで空輸する時代です。
が、以前は遠方で買い物をしたときは、その商品が届くまでには数か月を要することもありましたし、船が遭難することもあり、また海賊に奪われてしまうこともありました。そのように届くか届かないか、それも判別できない商品に対して事前にお金を支払うことは、危険ですし心配です。

そこで、金融機関が保証した信用状を相手に渡して買い物をすることにしました。
金融機関が発行する信用状は、「この人は、資産や財産があって、商品さえ届けば確実に支払うことができますよ!」と言う証明になります。

代金を決済できる状況を金融機関が保証しているのですから、商品を安心して送ることができます。

もう一つの考え方は、後払いを約束することです。
一般の商取引では手形や小切手です。

これは、経済活動を大きくする効果があります。

さて、以前でも、今日でも個人が現金を持ち歩いて旅行をすることはとても危険です。そのために旅行者に旅行小切手ができました。
今では、「ありました!」と言うべきかもしれません。

その後、旅行小切手よりも便利なものができました。
クレジットカードです。

このクレジットカードも「このお客様は、支払いが可能な人ですからどうぞお売りください!」というお店などへのメッセージになります。

クレジットカードは、代金を決済できる状況を金融機関(カード会社)が保証しているわけですから、同時にカードの所有者の経済的な信用を高めていることになります。
このページのTOPに戻る