初心者のためのアフィリエイト講座
 アフィリエイト対象サイトの作成/サイト作成の注意点(1)
 
サイトのコンセプトサイト作成の注意点(1)サイト作成の注意点(2)サイトのレベルアップ
 
広告主様名や商品名、企業側の説明をコピーするなどして、記述しない!
情報量が少なく、開いたページに興味ある情報が無ければ通り過ぎる
ホームページの背景は、限りなく淡い色、できれば白がいい!
スマホ用のブログも無料で作成できるようです!・・・スマホの時代だから

スマホ用のブログも無料で作成できるようです!・・・スマホの時代だから
   
スマホの時代ですからアフィリエイト対象のブログもスマホ用に作成することができるようです。
しかも無料で!

ネット通販などでは、多くの人がスマホで買物をしているそうです。
比率はどの程度かわかりませんが、スマホの時代ですから日々多くなっていることが想定できます。

そうであれば、スマホサイトやスマホブログをアフィリエイトの対象サイトにしないわけにはいきません。

私の場合、今のところスマホブログをアフィリエイトの対象サイトにはしていません。昨今では、ブログはスマホにも対応できるようになっていますが、対象サイトとしてはどうでしょうか?

アフィリエイトを始めて、10日を超えましたが、アフィリエイトの難しさを実感しています。

サイトやブログのコンセプト、そして特に難しいと感じているのはお客様とのマッチングです。
サイトやブログがどんなに良くても、お客様に訪問していただいて、さらに最終的には広告をクリックしていただく必要があります。

アフィリエイトを始めて、お客様の趣向などを意識してテレビや新聞などを見るようになっています。

アフィリエイトで稼げるようであれば、多くのお客様商売にも通用するような気がします。
<170526>
 
 
ホームページの背景は、限りなく淡い色、できれば白がいい!
   
理由は、広告主様の広告を引き立たせるためです。

アフィリエイトをやっているのですから、広告が引き立つ必要があります。
そのためのホームページなどの背景は、限りなく淡い(薄い)色か白がいいはずです。

ホームページなどを綺麗に作成して、
「多くの人に来ていただきたい!」
「多くの人に見ていただきたい!」
そのように考えることは間違いではありません。

ただ、ホームページなどの背景を限りなく淡い色や白にしたとしても、お客様に来ていただけるホームページを作ることは必要なことです。

自己満足ではなく、多くの人(または対象の人)に見やすいホームページにすることが重要です。

アフィリエイトをやっていることの自覚をもってホームページなどを作成したいものです。
<170524>
情報量が少なく、開いたページに興味ある情報が無ければ通り過ぎる
   
サイトへの訪問者は、、一旦訪問して役に立つかどうかを吟味する。
そして、サイトを開いて、スクロールしないでそのまま見えた部分にどのような情報が掲載されているかを確認します。

多くの人は、そこに興味がある情報や情報のタイトルが目に入らないときは、戻ってしまいます。場合によっては、他のサイトに行ってしまいます。

サイトの上部にはタイトルの画像などがあり、さらにアフィリエイトの画像などを上部に掲載することが普通です。
目立たせたいと考えるからです。

そのため、集中的に上部に画像が並ぶことがあります。
大きな画像は見栄えがします。そして、画像は瞬間的には視覚的なインパクトがありますが、記憶に残らない特性があります。

記憶に残らないために、テレビなどでは同じ広告を頻繁に流しているわけです。
活字に書かれた興味がある内容であれば、その文章を読むことで脳みそを刺激します。結果、記憶に残る可能性が高くなります。

サイトのデザインとしては、画像はできる限り少なく掲載し、広告掲載サイトに見せないようにします。さらに、上部の画像の数を少なくするようにします。

少なくとも、サイトを開いたそのままの状態で、画像のスペースは2分の1以下程度にすることが望まれます。

サイトの全体にも言えますが、活字の情報が多ければ必然的に画像が控えめに感じてきます。

アフィリエイトを掲載しているサイトは、当然広告掲載を意識したサイトですが、あまりに公然と広告ばかりを掲載すると嫌われるようです。
<170523>
 
 
広告主様名や商品名、企業側の説明をコピーするなどして、記述しない!
   
アフィリエイトは、運営会社の広告宣伝を代行していると特約店的な立場であると理解すればいいと思います。
代行しているのですから、当然アフィリエイト運営会社の規約等を遵守して代行業務を行うことなります。

広告業務を代行する立場であることを認識すると、企業名を知らせ、商品を売ることを意識するのは当然です。
そのためにお客様(消費者)に興味を持っていただこうと考えます。

そのとき、一生懸命説明するために、広告主様や商品名を公然と書き、また商品などの説明をしてしまいます。
が、この広告主様名や商品名を記載することは好ましくありません。

また、企業や商品の説明もしないことが望まれます。ましてや、広告主様側で作成した商品説明などをコピー、転記することなどはご法度です。

それは、企業側のイメージを損なう可能性があるからです。
そのため、ほとんどの広告主様は、会社名(企業名)や商品名などを記載することをNGとしています。

それは、広告主の代理店ではないからです。

アフィリエイトでは、通常、サイトの内容やイメージを確認して広告掲載の提携を承認しています。

企業側は、企業や商品、そのイメージが合致していることを期待していますが、すべてを確認することはできません。
そのため、企業や商品について必要以上の説明を記載すると企業側が描いているイメージと相違することが出てきます。

ですから、私自身は、企業や商品に関してはあまり深入りしないようにしています。
宣伝効果は低いかもしれませんが、できるだけ消費者の選択にお任せするようにしています。
<170522>