旅をデザインする!リゾーツデザイン resorts design 
 何度でも行きたい・・・・さあ、常夏の島・沖縄  
 ↓ 詳しくはこちらへ(写真集です)
⇒ 目指すのは格安な旅行
晴れれば、この青い海と空です!オリオンが映えます(2日目・古宇利大橋手前の美らテラスから)
最初に掲載する写真がこれですから、先の珍道中が目に浮かぶようです。もちろん、運転手は飲んでいませんよ!
 
また来てしまいました。最高です、沖縄フリープラン(3泊4日)・2018
 
また来てしまいました、沖縄です。
前日までの雨が嘘のような天候です。

天候に恵まれた沖縄旅行は最高です!

早朝の便で羽田空港から出発!
B737の機内に押し込められた感じで那覇空港に到着!

羽田の空港内で購入した弁当を機内に持ち込んで朝食です。

那覇空港の到着ロビーに留まることもなく、早々にレンタカー会社の送迎バスに乗り込むための列に並びます。
マイクロバスでの送迎ですが、すごい人数です。

3台ほどやり過ごしてようやくバスに乗車です。
レンタカーを借りる手続きが終わり、出発です。

空港に到着して、レンタカーに乗り込むまでに、約1時間が経過しました。
これから、沖縄旅行が始まります。

珍道中の沖縄旅行!
行き当たりばったりの沖縄旅行!

我ながら楽しみです。

ETCカードをセットして、豊見城ICから那覇空港自動車道、沖縄自動車道を一気に北へ、許田ICを目指します。

北中城ICで下りて「イオンモール沖縄ライカム」で買い出しをするのが通常でしたが、今回は途中下車はありません。

その代わりと言っては何ですが、中城PAでおにぎりとドリンクを買って、これが昼食です。
ここで最初のトイレ休憩です。

どんどん北に進みます。
安全運転をしていますので、ほとんどの車が追い越していきます。

追い越す車は「わ」と「れ」が中心です。
中には「A」「Y」もあります。

沖縄自動車道の終着点、許田ICです。
<180118>
 
 
許田ICを下りて、道の駅「許田」で休憩です
 
道の駅「許田」では、何か買いたいものがあるわけではなく、少し施設内を歩いて沖縄の空気に身体をなじませます。

その前に、今回の沖縄旅行(3泊4日)の目的を整理しておきます。

1.できる限り沖縄の文化や空気に触れること
2.できる限り沖縄の食事、食材を口に入れること
3.できる限り沖縄のお酒を飲むこと
4.できる限り沖縄限定販売のお土産を買うこと
5.できる限り自宅から自宅までの旅行費用の総額を6万円以下(1人当たり)に収めること

と言うことで、沖縄で観光客相手の居酒屋には入れなくなってしまいました。
観光客相手の居酒屋は比較的料金が高いからです。

特に西海岸のリゾート地では地元の人が利用する居酒屋はほとんどありません。
目立つ、綺麗な看板の居酒屋はほとんどが観光客相手です。

食材などを買うお店は、スーパーなどではなく沖縄の人が買うような場所が希望です。
どのような人がどのような買い物をしているかを観察できるからです。

道の駅「許田」は、中国語や韓国語が飛び交っています。
日本人の観光客は、外国人に挟まって、存在がわかりません。

道の駅では買いたいものはありません。
名護の市街地に向かいます
<180119>
道の駅「許田」から名護市街地方面(道の駅屋上から)
 
名護の市街地に入り「名護市営市場」に立ち寄る
 
道の駅「許田」を出て名護の市街地に向かいます。
市街地までは、左に海を見ながら走ります。

好天に恵まれ最高のドライブです。
海の色が違って見えます。

国道58号線を右に折れて、「名護市営市場」が見えてきました。
あまり広くない駐車場でしたが、ちょうど1台分だけ空いていました。

早速市場内に入りましたが、買い物客も開いているお店も少なく、あまり活気がありません。
ここに来た時間が良くなかったのでしょうか。

市場にあるお店を見て歩き、階段を登って居酒屋などの存在も確認しました。
どのようなものが売られているかの確認です。

1日目の夜をどのように過ごすかについて予定が決まっていません。
ホテル周辺の居酒屋が良いのか、それとも部屋居酒屋になるのか、です。

また、沖縄に来た早々ですので、今ここで買うものはありません。
この市場では、自分の心と身体を沖縄になじませることができました。
<180131>
「名護市営市場」です。時間が早いのかお客様も開いているお店も少なかった
 
JAの直売所に立ち寄って、部屋居酒屋のつまみを確保
 
1日目の夜にホテル周辺の居酒屋に行くにしても、ホテルに戻って食べるものが無いといけないからと、JAの直売所に寄ることにしました。

この直売所は、国道58号線沿いにあります。
信号を右に曲がり、駐車場に入ります。

以前に来たときも買い物をしていますので雰囲気はわかっています。
そして、陳列されている商品もおおむね知っていますので安心して入店。

午後少し過ぎたころ、駐車場は満杯です。
駐車スペースの空きを待つ車が駐車場内の交通を妨害しています。

人気があるようです。
隣りでは新たな施設の工事が行われています。

お客様が多いですからね!

スーパーで買い物をするときと同じようにカートを押して、まず総菜コーナーに進みます。

<続く>  
 
 
 
【ご案内】観光地の写真は、すべてオリジナルです。