旅をデザインする!リゾーツデザイン resorts design 
 また行きたい小さな旅・散策/提灯と人間が温かい青森  
 ↓ 詳しくはこちらへ(写真集です)
弘前の街でランチ、そして居酒屋、会話も酒も美味しかったなあ
2日目、弘前でランチをしようと街を歩いていました。
この日はなぜか街は人が多目で食事処はどこも混雑していました。
待って食事するのが嫌いな私は、お店の前の行列を見つけると、その場を離れます。
結構長い時間をさがし歩き、少し疲れています。

見つけたのは、喫茶店のような食事処で、2階にありました。
階段を登ると、それなりの広さのお店が私たちを待ち構え、道路を見渡せる席にはお客様が席を埋めていました。
ガラスのドアを開けると、困ったことにたばこの臭いが漂っています。
食事処をさがして街を歩きましたから、今さら別の食事処をさがす勇気が出てきません。
仕方がなくこのお店で食事をすることにしました。
座った席は、お客様がほとんどいない道路を見渡せる席からいちばん遠いところです。

安価な割に盛りが良かったので、少し満足していました。
ランチ時でしたのでコーヒーを飲んでお店を出ることになりました。
代金を支払い、「領収書」をいただこうとすると、「領収書」が無いと言うのです。
必要以上に「領収書」を求めると、用紙は見つかったものの書き方がわからない様子です。
青森がこのような状況なのか、このお店だけのことなのか、・・。
若い店員がカウンターの中に居たマスターらしき人に何度も聞きに行きます。
何とか「領収書」らしき状態になったのですが、不備なところだらけです。
こんなところで問答している気もないので、お店を出てきました。
弘前・禅林街・長勝寺 弘前城公園
弘前は、青森散策の最初の街です。弘前で2泊しますが、今日は2泊目です。明日は、弘前を離れます。
そのため、弘前を満喫しようとする思いが高まっています。
そのような状況の中の「領収書」事件でした。
午後は、禅林街を歩き、アップルパイのクーポン券を使える場所をさがし歩きました。
明日の朝は弘前を離れます。使わないと、クーポン券がもったいないからです。
行き着いたところは、ホテルの喫茶店です。
アップルパイとコーヒーがおいしかった。

弘前の街を満喫する。私の考える満喫は、居酒屋で飲むことです。
街がほんのり薄暗くなってきました。
晩秋は、日が落ちるのは早い。少し冷えた空気を感じるようになっています。少し身体を丸めがちにさらに歩きます。
昨日は素通りした「かだれ横丁」が目に入りました。
入口で看板などを見ていると、女性が寄って来て入店を勧めます。後で聞いたところ、この女性はこの屋台村の支配人(本人曰く)だったようです。
開店間近で、「かだれ横丁」のすべてのお店が開いているわけではありません。準備しているお店もあります。
私たちは、入り口近くの郷土料理屋的なお店のカウンター席に座りました。実際には、このお店には8席ほどのカウンター席しかありません。

ちびりちびり飲んでいると、お客様が増えてきました。
この屋台村は、ビルの1階にあります。いくつかのお店があって、つまみは別の店で買うこともできます。
時間が経つにつれお客様が増え、横丁内のお店を移動する客も出てきました。
忙しそうなお店には、カウンターの中に入ってお手伝いです。どうも常連客のようです。

「昼にお店に来てくれた人だよね!」
カウンターの中から声を掛けてきた人がいました。ランチを食べたお店のマスターです。
「領収書」がどうのこうのとやっていたからなのか、記憶に残っていたようです。
お店のマスターは、あちこちのお店に顔を出しています。常連を超えています。
マスターは、この横丁でアクシデントがありましたが、本人も名誉のために伏せておきます。

私の隣りに高齢(?)のご夫妻が座りました。
秋田県から来たようですが、ときどき立ち寄るそうです。
この横丁のお客は、地元の人が多いようで、私たちのような遠くからの旅行者は見かけないので、隣のご夫妻が声を掛けてきました。
青森の印象など、酒の席ですから、気楽な内容の話で時間が過ぎます。
旅行者が来ないようなこんな居酒屋に入りたかったんだよね!
で、大満足です。
日本酒が美味しかった。
たくさんお酒を飲んでしまったようで、どのように帰ったか記憶がなく、目を覚ますとホテルで寝ていました。
<170818>
 
 
青森の人は温かい、居酒屋の提灯も温かい
弘前は、なんといっても弘前城。津軽の殿様の居城です!
桜の弘前、紅葉の弘前です。

そして、ねぶたと連絡船の青森です。どうしても「津軽海峡冬景色」の歌が口から出てしまいます。

平成27(2015)年、10月の終わりから11月の4日まで青森県にいました。4泊のドライブ旅行です。
弘前から青森、十和田湖に奥入瀬渓流、八甲田、三沢、そして八戸です。
当然4泊ではとても青森県の全域を回ることはできません。ですから、機会を見て再度行こうと考えています。ですから、今回は下見のようなものです。なんてね!
4泊して、最後の観光地が八戸でした。帰りの高速道路のICに乗る前、最後に訪れたのが、八戸の蕪島神社です。11月4日のことです。海に突き出は小高いところに建つ、フランスのモンサンミッシェルのようです。(行ってないくせに!)
参拝して、その後高速道路で帰ってきました。帰宅したのは、11月5日早朝。
当日、「蕪島神社が11月5日の未明に全焼した!」とニュースで知りました。記憶に鮮明に残っていた場所なので、ハンマーで心臓を叩かれたようでした。そして、なんだか涙が出てきました。
八戸・蕪島神社(平成27年11月4日撮影)
その後、蕪島神社は再建が進んでいるようです。
自分への御利益ばかりを祈っているのが恥ずかしい!
でも、また参拝させてください。行きますから・・・
 
【ご案内】観光地の写真は、すべてオリジナルです。