旅をデザインする!リゾーツデザイン resorts design 
 目指すのは格安な旅行
 ↓ 詳しくはこちらへ(旅行の写真集です)
単に安価な沖縄旅行であれば見つけやすいのですが・・・<181223>
GW明けの格安沖縄フリープランをさがしていたのですが・・・
単に安価な沖縄旅行であれば見つけやすいのですが・・・
   
格安な沖縄のフリープラン(3泊4日)を追いかけています。
単に安価な沖縄フリープランをさがすのは比較的簡単です。

LCCを利用して、サービスが劣る宿であれば比較的安価かもしれません。
ですが、レンタカーを4日間借りることも含めればそれなりの費用になります。

どうでしょう!
シーズンオフでも3万円程度ではたぶん無理でしょう!

私がさがしているのは格安な沖縄フリープランです。
単に安価ではなく、格安です。

ホテルは一流とまではいかなくても準ずるホテルです。
そして、基本は朝食付きです。

利用する飛行機は、JALまたはANAです。
LCCを利用してのフリープランではありません。

しかも、行きは早朝便で、帰りは夕方の便です。
結果、沖縄での滞在時間が長くなります。

通常安価なプランであれば行きが午後便、帰りは午前の便になります。
最良の場合でも、帰りは昼頃の便です。

それ以外の便を利用しようとすれば割り増しの対象になります。

沖縄フリープランには4日間のレンタカーの費用も含まれます。

旅行会社の広告では、新聞広告やネットにおける羽田発の沖縄フリープラン(3泊4日)は、29,800円が基本の料金として掲載されています。

シーズンオフであったとしても出発日によって料金が29,800円を超えることがほとんどです。

その数少ない基本料金に、利用する便の割り増し、ホテルの選択による割り増しなどを加算して料金が決まります。

旅行会社によっては空港利用料(580円)が29,800円に含まれていることがあります。
が、通常では空港利用料も割り増しとして加算されることがあります。

ですから、通常では29,800円は限りなく期待できない基本料金です。

今回、私は2つのプランを予約しています。
空港利用料やオプションも含めて割り増しの総額は1,060円、別のプランでは1,560円になっています。

このような料金のプランを確保するのは簡単ではありませんので、今現在2つのプランを予約しています。
私がこの格安な沖縄フリープランをさがし当てるのには約3ヶ月を要しました。

捨てがたい内容で、しかも格安ですので抱え込んでいます。

また、出発日を変えていますので、両方ともに実行することが可能です。
で、1ヶ月に2度の沖縄旅行も考えているわけです。

経済的に余裕がある人であれば笑い話のようですが、・・・
<181223>
平成31年1月出発・沖縄フリープラン(3泊4日)/内容・料金比較
GW明けの格安沖縄フリープランをさがしていたのですが・・・
   
2018年1月、恒例の3泊4日の沖縄旅行に行ってきました。

が、5月も値ごろな沖縄フリープランがあることを知っています。
実際に2016年の5月に沖縄に行くことができているからです。

1月に沖縄から戻って来てから以降、5月に参加できそうな沖縄フリープランをさがしていました。
通常、沖縄フリープランでは、旅行出発日の1週間前が代金の払込日ですから、GW前が期限です。

しかし、追い掛け続けていますが、見つかりません。
基本は、29,800円から始まっていますが、2人部屋では割増しになります。

また、ホテルの割増し金額が尋常な額ではありません。
29,800円が簡単に5万円を超えてしまいます。

5万円は、わたしにとっては、沖縄フリープラン(3泊4日)の自宅から自宅までの総費用になります。
これでは、とてもこの時期に沖縄には行けません。
明確に断念です。

貧乏人が安易に料金で妥協することは得策ではありません。
この時期は経済的に余裕がある人たちに行っていただければいいのです。

愚痴になってしまいますが、沖縄の飛行機便は増える傾向にあります。ホテルも増えています。
常夏の沖縄で思い切り遊んで、現地で思い切り消費していただければと思います。

ちなみに、私のGWは自宅待機です。
渋滞した高速道路や混雑した観光地には行きたくありません。
<180428>
 
【ご案内】観光地の写真は、すべてオリジナルです。