旅をデザインする!リゾーツデザイン resorts design 
 旅をデザインする/沖縄のフリープラン 
 ↓ 詳しくはこちらへ(写真集です)
9月になり、格安な沖縄フリープランをさがしているのですが
そろそろ予約!夏の旅行シーズンから、秋へ!そして、冬へ!
何度も沖縄に行けるのは、格安なフリープランがあるからです
沖縄のフリープラン、飛行機とホテルとレンタカー、私にはちょうどいい!
9月になり、格安な沖縄フリープランをさがしているのですが
   
9月になって、来年の正月明けの沖縄フリープランをさがし始めています。
もちろん格安な沖縄フリープランです。

時期がまだ早いのか、今年は少し様相が違っています。
各社のプランを見ているのですが、冬場の沖縄も人気が高いのか、ホテルの割増料金が大幅に高くなっています。

昨年までの料金ではこのような金額ではなかったような気がします。
多少の割増しも仕方がないと思う人がいるかもしれませんが、私の信念を曲げるわけにはいきません。

「高ければ、安くなるまで待てばいい!」の精神です。

さらに言えば、「安くならなければ、別の場所もある!」という考え方もあります。
もう少し待って、安いのが無ければ沖縄に行く根拠が無くなってしまいます。
<180906>
そろそろ予約!夏の旅行シーズンから、秋の旅行シーズンへ!
   
異常なほどの暑い夏が終わろうとしています。
そろそろ夏の旅行シーズンが終わります。

秋になって、感傷的になる人。
新たなスタートをする人がいます。

私にとっては、秋を飛び越して、その先の冬の旅行を決めるシーズンに入ります。
旅行者が来年3月までの旅行プランを発表し始める時期だからです。

私が沖縄に行くのは冬です。
それは夏より静かな沖縄を満喫できるからです。

実際、いくつかの旅行会社のプランを見ました。
ところが、沖縄への旅行者が多いのか、旅行会社は強気の価格設定です。

まだまだ予約対象の料金ではありません。
もう少し待つようです。

冬に沖縄に行くのは気分がいいものです。
しかも、沖縄フリープランであれば、気軽に行くことができるからです。

しかし、沖縄フリープランは、29,800円だから価値があります。
その価格を基準にプランをさがすわけですが・・・

だからと言って、沖縄に行かない選択もあります。
旅行費用が高いのであれば別の地域への旅行の選択もあります。

安価な沖縄フリープランをさがすのも旅の楽しさです。
<180828>
何度も沖縄に行けるのは、格安なフリープランがあるからです
   
ここのところ沖縄に行くのが楽しみになっています。
まず格安で沖縄に行けること。
そして静かな沖縄でゆっくりできること、です。

正月明けに沖縄に行くのは、単純に料金が安いからです。
皆様が年末年始を楽しんだ後の沖縄旅行です。

正月明けの最低料金での出発は、7回あります。
最低料金は、3泊4日で3万円を切ります。
割増しを選択しなければ、限りなく3万円に近い料金で沖縄に行けることになります。

羽田から飛行機に乗って、それもLCCではありません。
ホテルは、上級。
4日間のレンタカーも付いています。

ちょっとした国内旅行の2泊よりも安く旅行ができます。

そんなわけで来年の1月も沖縄フリープランを予約しました。
すでにご報告のとおりです。

正月明けの最低料金での出発は、ほぼ連続して7回あります。
その最低料金の7回の中で出発日を決めます。

好きな宿を確保するために2ヶ月以上も前から予約しています。
2ヶ月以上も前ですから、暇な私でさえ日程が変わることもあります。

基本、出発の21日前まではキャンセル料がかかりません。
ですが、時間が経てばどんどん宿や飛行機の席が埋まってしまいます。

前回の沖縄旅行では、飛行機の席がほとんど埋まっていて相棒と離れ離れになるところでした。
早く出発日を確定して料金を払い込めばいいのですが・・・

私は、沖縄フリープランの予約サイトをいくつか確認しています。
が、ほとんどは最低料金は客寄せのためにあるようで、予約に進むようになると割増しだらけになってしまいます。

できる限り割増し無しで・・・
で、3回続けて同じ予約サイトになりそうです。

安い料金で沖縄に行って、泡盛をたくさんいただければ、最高です。
正月明けの沖縄旅行が待ち遠しいです。

安い料金だから価値がある!
<171112>
 
 ⇒ 沖縄フリープラン(3泊4日)を割増し無しで予約してしまいました!<171020>
 
沖縄のフリープラン、飛行機とホテルとレンタカー、私にはちょうどいい!
   
沖縄の高速道路や街の道路を走ってると、見ようとするまでもなくレンタカーが目に入ってくる。
いま追い越したのがレンタカー、追い越されたのもレンタカー。

それもほとんどはSサイズのレンタカー。「わ」と「れ」のナンバーが行き交う。
気にもしないで乗ってるが、1300ccクラスのレンタカーなのだろう。

夫婦やカップルが利用するのには便利なのかもしれない。

もちろん、ときどきセレナやアルファードのレンタカーも見かけます。
単純に、「ワンボックス車もグループ旅行などでは便利だろうな!」って。  

沖縄のフリープランは、飛行機とホテル、レンタカーがワンセットになっている。
飛行機とホテルは理解できるが、レンタカーも組み合わされているのが嬉しい。

鉄道がない沖縄では、島内の移動はほとんどが車になってしまうからです。
レンタカーの価値がいちばん発揮されているのが沖縄本島のような気がする。
例えば、石垣ではタクシーと自転車が便利です。

沖縄本島は、車で走行する範囲、観光地の所在がちょうどいい。
結局、沖縄ではレンタカーがないととても不便だと言うことです。
フリープラン以外の方法で沖縄を訪れる人は多い。
ツアーもあれば、まったくのフリーで旅行している人も多い。

まったくのフリーの人は別として、沖縄の場合ツアーは自動車を運転しない観光客か、初めての人にはいいと思う。

若い人には、フリープランがお勧めです。とは言っても、最近都会の若者は運転免許証を持たないというが、どうだろう!
国際通りを歩いたり、オプショナルツアーに参加するのかな? ダイビングかな?

目的がある旅行ならば私が心配する必要もないが・・。
カップルだったら、どんな方法でも旅行を楽しめるかもしれない。

私の知人に沖縄のフリープランの話をしたら、高齢なのかツアーがいいと言う。
環境が違うところで運転するのは疲れるからという。

でも、フリープランとツアーの違い。
観光地の周り方が全く違う。自由の差です。

例えば、古宇利大橋あたりに観光バスが向かいます。バスは古宇利大橋を渡って、袂の駐車場に停める。観光客はトイレに入って、橋の下の砂浜に出て写真撮影。

そして、お土産屋さんで買物。それが済んだら、また古宇利大橋を渡って次の観光地に向かいます。

もちろん、バスで島を一周することは面倒ですが、古宇利タワーにも寄りませんし、ハート岩を見ることもありません。
まあ、団体行動のツアーですから仕方がありません。

それでも結構な数の観光バスが観光地ごとに停まっています。
古宇利島・ハート岩(平成28年2月) 古宇利島・ツアーの写真撮影場所
(平成28年2月)
古宇利大橋・対岸にタワーが(平成28年5月) 古宇利大橋・袂の売店から(平成28年5月)
ツアーもフリープランも長所や短所があります。
ですが、沖縄ではフリープランが便利です。とくにシーズンオフには・・・。

平成28年5月と平成29年1月の3泊4日の沖縄フリープランでは、いずれも3連泊で予約しています。

中の一日はレンタカーで出かけますが、もう一日は近所をうろついています。

前に沖縄に行ったとき、国際通りを歩きました。
観光客が必ず行くという国際通りですが、私はあまり好きではありません。

たまたま、禁煙の居酒屋を見つけたので入りましたが、商業主義的な気配が強すぎて、・・。

別のお店でライブも見ました。
高齢だからなのでしょうね!それ以来、国際通りには近寄っていません。

高齢の私としては、やはり田舎がいいな!
と思うのですが、緑豊かな丘の上で、爽やかな海風を受け、海を眺めて珈琲が飲めないかな?

泡盛ロックかな?

毎回走って良さそうなお店をさがすのですが、多くが期待外れでした。
さがしても見つからないようなお店を探しているのかも・・。私が・・。

夏に沖縄に行けない理由。
フリープランが高くなる。

秋に沖縄に行かない理由、台風が来るので面倒。
結局、皆が行かないようなときに沖縄に行くことになりました。

安いし、観光客で混雑していないし・・。
そう言えば、沖縄にも海外からの観光客が増えています。

私が商業主義的なところが好きでないのは、海外からの観光客が多いからかも・・。
そうであれば、海外からのお客様を2,000万人から4,000万人にしたいという政府の政策と逆行しているかも知れません。

結局、私の行き場がどんどん狭くなっていく。
まあ、あの世に行くのが近いけどね!

海外旅行の話が出ないね!
行ったことが無いわけじゃないけど、別の機会にね!
 
 旅と散策+お気楽日記
 
【ご案内】観光地の写真は、すべてオリジナルです。