旅をデザインする!リゾーツデザイン resorts design 
 お客様に来ていただく/アフィリエイトに挑戦する
 ↓ 詳しくはこちらへ
 
お客様商売だとすれば「お客様に来ていただく!」精神が必要です!
   
どのような商売でも、お客様が相手です。集めようとすればお客様は遠ざかって行きます。安全や安心を感じないからです。ですから、情報は高度でなくても、正直に、温かく!

アフィリエイトでは、直接お客様から代金をいただきません。が、間接的にはお客様が存在して成り立っています。ですから、アフィリエイトにおいても「お客様第一主義」は歴然と存在しています。

ホームページは、立派なお店です。
お店ですからお客様に興味を持っていただく必要があります。興味や価値がないお店にはお客様は来てくれません。
お客様の興味を引くために店頭を必要以上に化粧しているお店があります。でも、見せかけだけでは、店内の実態を知って帰ってしまいます。
   
以前、こんなことがありました。
愛知県、三河湾周辺を旅行していたときのことです。知多半島は新鮮な海産物の宝庫です。
話を聞くと、知多半島の先端の方においしい海鮮料理を食べさせてくれるお店があるからと、伊勢湾沿いに海を見ながら車を走らせました。結構な距離を車で走って到着です。
木造の番小屋のようなちょっとした建物のお店です。店頭には海鮮料理を宣伝するのぼりもあります。
もう、期待満々です。
どんなものが出てくるのか、よだれが出てきそうな状況です。
木製の格子戸を開けました。
すると、どうでしょう!
何が出てきたと思います?

木製の格子戸を開けて出てきたのは、煙幕のようなタバコの煙です。
「ごめんなさい!」と言って、煙を閉じ込めるように引き戸を閉めました。
たぶん午後の1時ころだと思います。
店内では、お客様が食事を終えて寛いでいるたようです。
とてもお客様を迎え入れる雰囲気を感じられませんでした。

私は、そのままその店を離れ、お腹を空かして来た道を戻りました。
そして、セントレア(中部国際空港)のターミナルに行って、そこで食事をすることになりました。
愛煙家の方々には申し訳ないですが、食事処のタバコはいただけません。
ファミレスやコンビニの店頭の吸い殻入れも、時代錯誤のように感じます。
健康がどうとかじゃなく、他人に迷惑を掛けることが良くないと思うのです。
   
お客様をお迎えすることって、とてもすごいことだと思います。
そして「お客様に来ていただく!」ことは、お客様の評価と選別の結果です。
それは、うまいことを並べて集客することとは違います。
それは、アフィリエイトでクリックしてくれるお客様も同じと思います。
お客様の意志で来ていただいて、お客様の意志でクリックしていただくのです。
そのお客様を大切にしてこそアフィリエイトが成り立っていると思うのです。
「売り込むのではなく、お客様に来ていただく!」のです。

アフィリエイトにおいては、ホームページやブログはバーチャルな世界だと決め付けてはいけません。
作成者の熱意が感じられなければ、お客様は素通りしてしまうからです。
「いらっしゃいませ!」と呼び込んでも、歓楽街のいかがわしい呼び込みのようなものです。
 
【ご案内】観光地の写真は、すべてオリジナルです。