TOP(飲物価格比較考)
飲物価格比較近況こんなにも値段が違う同じ商品なら安く買いたい
同じ商品なら安く買いたい
久米島の久米仙と出会ったのは、2009年でした
ネットショップで探しているのですが・・・
 
ペットボトルの炭酸飲料と緑茶を比較的頻繁に飲んでいます。
冷蔵庫にはいつも数本入っています。

そのため、買い物の際に価格を確認して数本ずつ購入してきます。

<続く>
このページのTOPに戻る
久米島の久米仙と出会ったのは、2009年でした
 
2009年4月に石垣島に行きました。
約1週間、爽やかな海の風を浴びながら泡盛三昧でした。
そのときいただいたのが「久米島の久米仙(瓶600ml)」です。

その後帰って来て、ときどき酒の量販店で1升瓶(1800ml)を買って飲んでいます。飲むときは、いつもロックです。

最近、沖縄が好きになり何回か言っていますが、部屋飲み用にホテルに入る前に必ず買っています。

その「久米島の久米仙(瓶600ml)」の価格が沖縄とこちらでは違っていることに気が付きました。
大きな瓶ではありませんから気軽に買っていました。

沖縄は地元ですから価格が安いのはわかります。
価格が違うのは運送費がかかるからと推測できるからです。

皆様もご存知と思いますが、スーパーにアジの開きがあります。
韓国産と長崎産があります。

長崎産が少し高いのは納得です。
しかし、オランダ産のアジの開きも堂々と陳列されています。

どちらかと言うと、オランダ産の方がよく目につきます。
地球の裏側で獲れたオランダ産のアジの開きが安いことに驚きます。
運送費が加味されてないほど安いのです。

「久米島の久米仙」
生産地は、日本です。
もっと安くなればなあ・・・・
<180117>
 
このページのTOPに戻る
 価格比較NEWS
このページのTOPに戻る