不満や苦情、いただきました!旅と消費・サービス業
    
小売一般   
⇒ もっと読む
 Topics
↓ スクロールしてください
お客様の不満や苦情は、言う人も聞く人もとても嫌なものです。しかし、お客様からの不満や苦情を放置しておくと徐々に傷が大きくなり、いつしか腐り始めます。腐り始めたらもう手に負えません。業績の低下は必然で、遠からず閉店や撤退をすることになります。
多くのお店は、お客様の不満や苦情を放置していることが原因で経営が行き詰まっているのです。
ですから、お客様の不満や苦情は、経営の宝なのです。
 
あまりにも部屋が汚いので、「こんまり」とかの本を買ってきた!
彼氏が、部屋があまり汚いからと言って、私のところから離れて行った。
悔しいので、「絶対に綺麗な部屋にしてやる!」自分に言い聞かせて本屋に向かった。
行った本屋には、「こんまり」をはじめとして、掃除や片付けの本のコーナーができていた。で、「こんまり」の本がいちばん売れているようなので買ってきた。
「絶対に綺麗な部屋にしてやる!」
「見返してやる!」
「こんまり」の本を読み始めて、片付け始めたけど、目立って綺麗になった気配がない。捨てるものがないからです。
「こんまり」のやり方では、ダメかしら!
で、また本屋に行って整理術の本を買ってきた。「捨てなくても、整理ができれば!」と思ったから・・・
本を読み、少しやってみたけど、どうも自分のやり方とは違う。
また本屋に行ってみた。片付けの本を買ってきた。
タイプが違い感じでしたので、途中まで読んで、今度は別の本屋に行ってきた。
この本屋さんにも片付けや整理術の本がたくさん並んでいる。で、今までとは違う本を買ってきた。
いつしか、片付けや整理術の本が多くなって、床に積み上げるまでになった。
そして、積み上げた本が、倒れるまでになった。本が床に散乱して、足で本を除けながら部屋を歩くようになった。
結果、今まで以上に部屋が汚くなった!
床を掃除する気力もなくなった!
次に彼氏ができたときは、彼氏の部屋に行こう!
絶対に私の部屋より綺麗だと思う!
<131231>
© サービス業品質研究所